24/11/2014 09:57 GMT+7 Email Print Like 0

ガンズア(Ngan Dua)町における伝統的な鍛造業

バックリエウ省のガンズア町における伝統的な鍛造業はこの数世紀に渡り存在してきた。
ガンズア町の老人によると、鍛造は、町に住む北部から来た人により始られた。毎年、陰暦6月23日、ガンズア町の鍛造工場は、鍛造の祖先に感謝の意を祀る。
ガンズア町の手工芸分野を管理する幹部チュオン・トゥー・カイン氏によると、現在、ガンズア町には、地方の人と他の地方の農民のために、農業道具を製造する約20軒の鍛造工場がある。鍛造製品を作るために、最初に、原料の鉄を買う。炉の火力の原料は炭である。
 

この数世紀、ガンズア町における伝統的な鍛工場は農具を生産し、存在発展してきた。                         撮影:チョン・チン
現在、このガンズア町で、40年間に鍛造業をしてきたグエン・ヴァン・オン氏のような鍛造工場は、町に20軒ほど存在する。 撮影:チョン・チン

鉄を成型するガンズア町における鍛造職人。  撮影:レー・ミン
炉の火力の原料は炭である。   撮影:チョン・チン


ガンズア町における鍛造職人。撮影:レー・ミン


製品を加工しているガンズア町の職人。 撮影:レー・ミン


製品を加工しているガンズア町の職人。      
撮影:レー・ミン


製品を加工しているガンズア町の職人。      
撮影:レー・ミン


職人の使う道具。撮影:レー・ミン
職人の使う道具。撮影:レー・ミン
ガンズア町の製品。撮影:レー・ミン
 
«
         1927年、ニンタインロイ地域の農民たちは殖民軍と戦った。彼らはガンズア町で造られた武器を使用した。 毎日の生活においては、ガンズア町で生産される農具は他の地方の人民たちに耕作に、使用される。
                                                  »
40年間ガンズア町で、鍛造業をしてきたグエン・ヴァン・オン氏によると、鍛造工程は多くの複雑な段階を含む。

ガンズア町の鍛造製品は多様であり、くわ、熊手、包丁、槌、釜などの数多くの道具を含む。この各製品は良質で、農作業に適する。町における多くの伝統的な鍛造業と共に、グエン・ヴァン・オン氏の工場は、3世代に渡り受け継がれてきた。彼は「私の祖父は私の父親に、技術を伝えました。私は18歳のときから、この仕事をします。」と言った。オン氏の工場は4人~5人の労働者が働き、1日当り約20個の製品を生産する。それぞれの工員の平均的な所得は1日18万ドンである。

ガンザウ町の製品は「ガンズアナイフ」で、有名であり、昔から、特別な質があり、人民たちの信用を得た。メコンデルタにおける農民たちは
ガンズア町の農具を使用する。鍛造製品で、農作業を通じて、農民たちはこの数十年間に、価値のある農作物を作る。現代的なこの時期に、市場では競争がある、市場における鍛造製品は、さまざまな形と素材を有するのに、ガンズア町の鍛造製品の伝統的な価値は今も変わらない。
文:グエン・ヴー・タイン・ダット
写真:
レー・ミン(Le Minh)