24/03/2015 10:09 GMT+7 Email Print Like 0

ヴァンフックシルク

現在のシルク市場において、伝統的なシルクを織る村の経営者は、存在の維持とこれからの発展のために、新たな方法を模索した。ヴァン・フックシルク村は、新たな方法を見つけた。シルク村の新たな開発はシルクを織る職業を保存しながら、観光としてシルク村を開発することである。
文献によると、9世紀において、アー・ラー・デー・ヌオン女史(王の后の一人)はヴァンバオ村を訪問した。彼女は人民たちに農耕と蚕を飼育し、シルクを織る方法を教えた。彼女が亡くなった後、ヴァンバオ村の人民たちは村の神として、彼女を祀った。
ヴァンフック村は昔、トゥオンタインオアイ町に属するヴァンバオ村と呼ばれた。19世紀末、ヴァンフック村に改名した。


ヴァンフック村の門。


ヴァンフック村のシルク職の祖先を祭る神殿。


蚕を飼育する過程。
蚕を飼育を見学する外国人の観光客たち。


糸を紡ぐ作業。

水に浸けられ保管される絹糸


絹糸


シルクを織る工程。

チエウ・ヴァン・マオ職人の仕事場を訪問する外国人の観光客たち。

«
                現在、ベトナム記録ブックセンターはヴァン・フックシルク村を「ベトナムの最も古いシルクを織る伝統的な職業村」として公認した。このことはヴァンフック村の長き存在を表現する。
»
昔、ヴァンフックのシルクは、王の贈り物として使用された。

2010年、ヴァンフック村は、ハノイの重点的な観光職業村になった。それで、ヴァンフック村の大きな門は観光客たちを迎えるために、建設された。

ヴァンフック村のシルクは、美しく有名な製品である。
マオ職人のグエン・ティー・タム嫁によりデザインされた「タンロン千年のヴァンシルク」のイベントで深い感銘を与える。

 

ヴァン・フック村のシルク店。
シルクの鞄。

非常に美しいヴァン・フック村のシルク製品。
シルクを織る仕事場の隣にあるシルクの製品の店。


ヴァン・フック村のシルク製品の市場。


シルクのシャツを買う外国人観光客。

今、ヴァンフック村を訪問すると、観光客たちはシルクの製品を買うことができ、シルクの機織を見学し、職人と話すことができる。このことは国内外の観光客に、1000歳のヴァン・フックシルク職業村を紹介し、シルクの良さを広めるチャンスである。
 

 
文、写真:チャン・タイン・ザン