16/10/2014 09:57 GMT+7 Email Print Like 0

アメリカ、ベトナムに対しての致命武器命令の一部を解除

2014年10月1日から2日まで、ベトナムのファム・ビン・ミン外務大臣はアメリカのジョン・ケリー国務長官の招聘を受け、アメリカ合衆国を訪問した。同訪問は将来、両国の多くの分野における協力を強化する方法を討論した。この訪問にあたり、ジョン・ケリー国務長官はアメリカがベトナムに対しての致命的武器禁止命令の一部を解除することを知らせた。Việt Nam.
 
会談において、ベトナムのミン外務大臣とケリー国務長官はこの間、特に2013年7月のパートナーシップ設立時から、米‐越の順調な関係について、満足の意を表わした。両国の指導者も将来の両国の関係を強化する方法を討論し、2015年、外交関係の基準化20周年記念日に向けの活動の実施に協力することに一致した。 

アメリカ合衆国の首都であるワシントンD.Cにあるアメリカの外務省の本部におけるベトナムのファム・ビン・ミン副首相、外務大臣。
   撮影:AFP/ベトナム通信社

ファム・ビン・ミン副首相を歓迎するジョン・ケリー国務長官。 
撮影:AFP/ベトナム通信社

ワシントンD.Cにあるアメリカの外務省の本部において行われた、ジョン・ケリー国務長官が宴会を招待した。
撮影:トゥアン・ダット‐ベトナム通信社

記者と会ったベトナムのファム・ビン・ミン副首相、アメリカのジョン・ケリー国務長官。
撮影:トゥアン・ダット‐ベトナム通信社

アメリカ合衆国のワシントンD.Cに住んでいる越僑と会見した
ファム・ビン・ミン副首相。
撮影:トゥアン・ダット‐ベトナム通信社
ファム・ビン・ミン副首相は、ベトナムがアメリカとの関係を重視し、両国間の全面的な協力を強化すると期待し、アメリカが環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を会談することにベトナムも同意し、同協定を実施する技術をベトナムに援助し、ベトナムで市場経済があることを確認し、科学‐技術、教育‐訓練の分野における協力を強化し、戦争の余波を解決することをベトナムに援助することを要請した。

アメリカのジョン・ケリ国務長官はアメリカが地域の中のベトナムの役割を重視し、ベトナムとすべての分野における協力を促進する期待の意を表明し、ベトナムの要求を確認し、ベトナムに戦争でおきた問題の解決に協力、在ベトナムFulbright大学を設立することを進め、両国が引き続きお互いに理解できるように会談を実施することに意見が一致した。
 
アメリカのジョン・ケリ国務長官はメコン河下流域開発(LMI)の中のプロジェクト、その中、メコン川の水質維持プロジェクトが実施できるようにベトナムと協力すると確約した。

同時に、ジョン・ケリー国務長官はアメリカがベトナムに対しての致命武器命令の一部を解除することを知らせた。

両国は両国が関心している地域と国際の問題、その中、東海における問題について討論し、関連側が南シナ海行動宣言(DOC)を実施し、1982年の海洋法に関する国際連合条約と国際法により紛争を解決すると期待した。

会見において、ミン外務大臣とライス外交政策顧問は相互の関係を強化する方法と両国が関心を持つ地域と国際の問題について討論した。ライス外交政策顧問はアメリカが地域におけるリバランスの戦略を実施することを公約し、ベトナムとの関係を重視し、米‐越のパートナーシップを新たなレベルに向上させる。

ミン外務大臣は、フロ-マン通商代表と会見した。両国の指導者が経済‐貿易の関係の中の問題、その中の、アメリカが環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)について会談した。

10月1日、ワシントンD.Cの戦略国際問題研究所(CSIS)において、ミン外務大臣は、越‐米の関係の新たな紀元:両国の関係を強化」と題されたレポートを発表した。
文、撮影:ベトナム通信社/ベトナムフォトジャーナル
他の記事