01/12/2015 16:01 GMT+7 Email Print Like 0

アセアン共同体を形成

2015年11月22日の午前、グエン・タン・ズン首相は,マレーシアのクアラルンプールにおいて開催されたASEANの第27回首脳会議で、加盟10ヶ国の首脳は,藩国連事務総長と対話8ヶ国の指導者の立会いの下、ASEAN共同体の成立に関する声明と2025年までのビジョンに署名した。
クアラルンプール声明は歴史的なイベントであり、48周年間における2015年のアセアン共同体の重要なマークである。
ナジブ・ラザク首相(マレーシア)によると、アセアンは東南アジアの決定的要素であり、東南アジアの繁栄のために、積極的な変化を与える。貧しくて不安的な地域から、平和と安全で、繁栄で協力的な共同体である。加盟国は統一したアセアン共同体を建設する。
クアラルンプール声明が著名されたことで、アセアン共同体は2016年1月1日に形成される。それで、加盟国は統一し、平和で、安定で、繁栄する共同体を建設するために、熱意と努力を持って、団結することが必要である。

 


2015年11月22日、マレーシアの首都クアラルンプールで開催されたASEANの第27回首脳会議で、加盟10ヶ国の首脳は、
藩国連事務総長と対話8ヶ国の指導者の立会いの下、ASEAN共同体の成立に関する声明と2025年までのビジョンに署名した。
 撮影:ベトナム通信社


 

クアラルンプール声明の著名式に出席するグエン・タン・ズン首相とアセアン諸国の指導者たち。
撮影:ベトナム通信社


 

マレーシア首相と夫人により司会された招待宴会に出席するグエン・タン・ズン首相。

撮影:ベトナム通信社

~
同会議においては、アセアン諸国指導者たちは世界、地域内の問題について、意見交換をし、地域内の平和、安定を維持し、東海問題については、双方と関連する側は国際法律、国連海洋法条約(UNCLOS)に基づいて、平和的な対話を通過し、東海における争いを解決し、DOC=海上行動宣言に従い、行動規範(COC)の形成に努力し、海域における航海の安全、安寧、平和の維持に積極的な貢献を果たすことについて意見が一致した。

グエン・タン・ズン首相は一連の重要なイベントに参加し、ロシア、アメリカ、日本、オーストラリア、インドネシアなどの数多くの国家の指導者と会見した。

 



    第27回のアセアン首脳会議のエリアにおいて、メドヴェージェフ首相と会見するグエン・タン・ズン首相。撮影:ドゥック・タム―ベトナム通信社第27回のアセアン首脳会議のエリアにおいて、オバマ大統領と会見するグエン・タン・ズン首相。
    第27回のアセアン首脳会議のエリアにおいて、安倍首相と会見するグエン・タン・ズン首相。撮影:ベトナム通信社

第27回のアセアン首脳会議のエリアにおいて、 ジョコ・ウィドド大統領(インドネシア)と会見するグエン・タン・ズン首相。

撮影:ベトナム通信社

アセアン共同体は10ヶ国のメンバーにより、政治・安寧共同体、経済共同体、文化・社会共同体に基づいて、形成され、6億2千万5百万人の人口と2兆6000億米ドルの国民総生産製品金額で、自由貿易地域を作る。

文、写真:ベトナム通信社・ベトナムフォトジャーナル
他の記事