30/12/2015 16:36 GMT+7 Email Print Like 0

アセアン共同体が形成することとベトナムの労働者たち

2015年12月31日に、アセアン共同体が形成されると、5つの要素、資本投資、商品、サービス、技術者を含め、10ヶ国を自由に移動でき、1つの市場としてベトナムの労働市場に大きな影響をあたえ、困難も生ずる。
予想によると、アセアン経済共同体は2兆2千億米ドルのGDP、年平均3,100米ドルの所得がある。しかし、所得の格差は大きい。シンガポールは1年平均5万米ドルに達する。カンボジア、ミャンマーは約1,000米ドルである。
 
アセアン諸国は、会計監査員、建築家、歯科医、医師、看護婦、審査員、旅行社の8つの分野に従事する労働者がアセアン共同体形成後に、外国で働くことが許可される。この労働者は専門知識と高い技術を持ち、大学を卒業し、英語をはじめ外国語が話せる。

 


雇用問題を含むアセアン共同体情報を探すために、アセアン・ベトナムに関する
2014年、ハノイで開催されたアセアン職業コンテストにおいて、ベトナムは15個の金メダルを獲得し、第1位にランクされた。
撮影:アン・トゥアン(Anh Tuan)-ベトナム通信社

 
労働・傷病兵・社会省のデータによると、ベトナムはアセアン共同体が形成されたとき、労働、雇用に関する利益が得られる。

ベトナムの労働者は豊富であり、2011年から2014年までに、5140万人から、5370万人に増えた。しかし、2011年から2014年まで、労働者の増加率は、1.1%から0.5%に減少した。ベトナムの人材は若い労働者であり、50.2%が15歳から39歳であり、その内、熟練労働者は、18.7%である。

ベトナムの労働者は徐々に教育され、この10年間で教育された労働者は30%から50%に増える。よく教育された労働者は各会社、労働市場の要求にこたられる。

そのほかに、ベトナムの多くの労働者たちはマレーシアをはじめ、アセアン諸国で働く。ベトナムの多くの銀行や会社はラオス、カンボジアで、効果的に営業を行っている。

 

 
第10回のアセアン職業技術コンテストにおける技能コンテストに参加するベトナムの労働者。撮影:アン・トゥアン-ベトナム通信社
ベトナムは技能の高い若い人材がいる国家として評価される。

観光分野で働く人たちはアセアンが形成した後に、自由にアセアン諸国で働ける。それにより、観光分野は最も競争力がある分野である。
撮影:グエン・ルアン

専門家たちによると、ベトナムはアセアンが形成されれば、雇用に関する利益を得ることができる。撮影:ベトナムフォトジャーナルの資料。
人材の質を高めるために、ベトナムは加入を高める戦力として、人材教育に力を入れる必要がある。撮影:キム・フオン(Kim Phuong)
ベトナムは職業訓練機構を改善する必要がある。撮影:キム・フオン

アセアン職業技術コンテストにおいては、ベトナムは常に、高く評価される。このことはベトナムの人材に関する大きな潜在力を表わす。
 
労働者市場の問題を克服し、国内外の労働者市場において、ベトナムの人材の質、競争力を高めるために、べトナムは引き続き労働基準法の形成に努め、労働者市場を開発することは必要である。
そのほかに、ベトナムは国民の教育システムにおいて、職業教育機構を改善させ、職業教育に関する国際協力を促進が必要である。
ベトナムの政府組織は労働者のために、見識、専門分野の教育を実施する準備をすることが必要である。

 

文、写真:ベトナム通信社・ベトナムフォトジャーナル