14/05/2014 12:16 GMT+7 Email Print Like 0

アセアンは東海状況についての宣伝を公布

第24回ASEAN首脳会議と関連する会議はミャンマーのネピドーにおいて、閉幕した。各指導者は2015年におけるアセアン共同体建設に関するネピドー宣伝と同会議の結果に関する司会の宣伝を通過した。

同会議でスピーチしたグエン・タン・ズン首相は東海における複雑な状況について、各国に報告した。2014年5月1日から、中国は中国石油総公社が石油リグHD 981号と80隻の軍事船、飛行機をベトナムの排他的経済水域と大陸棚に搬入させ、違法な探査活動を開始した。1982年国連海洋法条約によると、石油リグHD 981号の位置はベトナムの主権と排他的経済水域に属している。この行為はベトナムの主権と排他的経済水域、及び大陸棚に対する主権を侵犯した。

武装船は中国の石油リグHD 981号を保護し、ベトナムの公務船、ベトナムの民事船に故意に衝突させ、多くのベトナムの船に損害を与え、多くのベトナム人が負傷した。この行為は国際法律、1982年国連海洋法条約、中国により調印された東海行動宣伝(DOC)に違犯した。この危険な行動は東海における平和、安定、航海安全、安寧を直接脅すものである。
 


2014年5月10日の午後、グエン・タン・ズン首相とベトナム代表団は第24回ASEAN首脳会議に出席するために、ミャンマーの首都ネピドーに到着した。撮影:ドゥック・タム

グエン・タン・ズン首相を歓迎するテイン ・セインミャンマー大統領
。撮影:ドゥック・タム-ベトナム通信社

第24回ASEAN首脳会議でスピーチをするグエン・タン・ズン首相。
撮影:ドゥック・タム-ベトナム通信社


ミャンマーの首都ネピドーで行われた第24回ASEAN首脳会議の模様。
撮影:ドゥック・タム-ベトナム通信社

第24回ASEAN首脳会議における各団長。
撮影:ドゥック・タム-ベトナム通信社


グエン・タン・ズン首相によると、ベトナムは中国が石油リグHD 981号、軍事船をベトナムの排他的経済水域から、撤退させるために、落ち着かせ、善意を表現し、中国とのすべての対話方法を使用した。しかし、中国はベトナムの要求にこたえないばかりでなく、ベトナムを誹謗し、とがめ、数多くの違犯行為を行った。
グエン・タン・ズン首相は「各国がベトナムは中国の違犯行為に反対し、ベトナムの法的要求を支持することに感謝し、懇願します。」と言った。

アセアン諸国の指導者たちはアセアンが東海における状況に対する共同の立場を表現し、東海地域における平和、安定を確保するために、関連する各国が冷静さを持って、武力を使用しなく、紛争を平和方法で解決し、国際法律、海上法についての国連公約(UNCLOS)を遵守し、東海行動宣伝(DOC)を実現し、東海行動規則(COC)の早期作成の要求に意見が一致した。

この内容は2015年におけるアセアン共同体建設に関するネピドー宣伝、同会議の結果に関する司会のスローガンに掲載された。
同時に、アセアン諸国はこの問題についての提案が外務省を通過させることに意見が一致した。このことはアセアン諸国間の団結、一致、アセアンの東海地域、アセアン地域における平和、安定に対する役割、責任を表現し、国際法律、アセアンの原則をさらに確認する。
1995年から、20紀後、アセアンは東海地域における平和、航海の安寧、安全に影響を与える複雑な状況についての要旨を始めて公布する。
東海問題のほかに、アセアン諸国の指導者たちは、これから2015年まで、アセアン共同体運営を促進する方法、2015年後におけるアセアンの発展傾向、アセアンの外交関係拡大、地域におけるアセアンの中心的な役割維持、国際、地域により関心が持たれる問題について討論した。


ユドヨノ インドネシア大統領と会見するグエン・タン・ズン首相。
撮影:ドゥック・タム-ベトナム通信社

テイン・セインミャンマー大統領と会見するグエン・タン・ズン首相。
撮影:ドゥック・タム-ベトナム通信社


第24回ASEAN首脳会議の場においては、グエン・タン・ズン首相はミャンマーテイン・セイン大統領、バンバン・ユドヨノインドネシア大統領と会見した。

文、写真:ベトナム通信社・VNP 

他の記事