29/11/2014 11:22 GMT+7 Email Print Like 0

アジア太平洋障害者フォーラム2014

アジア太平洋障害者フォーラム2014の枠内で、28日午前、ハノイで、国連障害者権利条約、及び2015年以降の国連開発目標に関する第2回全体会議が行なわれました。 席上、労働傷病軍人社会事業省・法制局のハ・ディン・ボン局長は障害者権利条約を批准する必要性について強調した上に、これは、障害者の利益を保護する為のベトナムの公約であると明らかにしました。ボン局長は次のように語りました。 (テープ) 「障害者権利条約は、障害者の権利を基本的に示しており、障害者の権利保護に対する国家、コミュニティ、及び障害者本人の義務と責任を改めて強調しています。障害者権利条約に基づいて障害者の権利を徹底的に活用する必要があります。障害者権利条約の規定はベトナムの法律に基本的に盛り込まれています。」 USAID=アメリカ国際開発庁ベトナム代表事務所のヨアヒム・パーカー所長は「近日中に、USAIDは職業訓練、雇用創出、教育などベトナムの障害者への支援活動を継続する。」と明らかにしました。 VOV