29/07/2016 15:12 GMT+7 Email Print Like 0

アジア太平洋パートナープログラム2016終了

28日、中部ダナン市で行なわれたアジア太平洋パートナープログラム2016の諸活動が終了しました。

2週間のこのプログラムの枠内ではアメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、インドネシア、日本、マレーシア、ニュージーランド、韓国、シンガポール及びベトナムが地域内の大規模な自然災害防止・捜索救難救護演習に参加し、特に、アメリカ海軍の病院船USNSマーシーがダナン港に寄港し、連携強化や災害予防活動の円滑化を図ることを目的としました。

アメリカ、日本およびベトナムの海軍士官及び兵士は医療技術への支援や音楽交流を行なったほか、「将来」という名前を付けた身体障害児育成学校やホアフ小学校などの改修活動に参加しました。
なお、アジア太平洋パートナープログラム2016は医療、患者治療面での能力向上、自然災害防止及びコミュニティ支援に向けて、アメリカ政府の提唱による多国間人道支援プログラムで、これまでに世界での多くの国家がこのプログラムを積極的に参加・応援してきました。
ソース:VOV
他の記事