12/06/2016 09:41 GMT+7 Email Print Like 0

「海洋開発と安全保障」シンポジウム

9日午前、北部クアンニン省、ハロン市で「国際協力とアジア・欧州の経験交換」と題する海洋開発と安全保障に関する国際シンポジウムが行なわれました。このシンポジウムはベトナム駐在欧州連合代表団と外交学院の共催により行なわれたもので、欧州諸国をはじめ、日本、韓国、中国、ASEAN諸国の学者、専門家多数が参加しました。

開会式でベトナムのダン・ディン・クイ外務次官は次のように語りました。

「海上の安全保障は日増しに重要となっており、差し迫った問題になっています。また、海上の衝突による危機がエスカレートしています。これらの問題は各国間の信頼度や協力への努力を低下させています。ですから我々はこうした討議を通じて、協力を強化することや各国政府と国民に危機の解決に努力することを要請する必要があります。」
なお、シンポジウムで海洋の開発や管理、伝統的かつ非伝統的な海上の安全保障問題、紛争のかいけつに関する原則などについて討議が行なわれました。
ソース:VOV
他の記事