17/10/2016 12:14 GMT+7 Email Print Like 0

「栄養と発展」のための週間始まる

10月16日の「世界食料デー」にあたり、保険省所属栄養院は、16日から23日の日程で、「栄養と発展」のための週間をスタートさせました。

「気候変動の背景における栄養が十分かつ合理的で安全な食事」をテーマにしたこのイベントを通じて、栄養院は、合理的な栄養状況の重要性と子どもの栄養失調状況の改善に関する国民の認識向上を目指しています。


栄養院の報告によりますと、ベトナムは国民の平均身長が最も低い国々の一つで、この20年間、青年の平均身長が2センチしか高まっていません。また、栄養失調の5歳以下の子どもの割合は24・6%に上っているとしています。

これに関し、保健省の幹部レー・バイク・マイ博士は次のように語りました。

「栄養院が行った調査によりますと、2歳から5歳の子どもの食事は265ミリグラムのカルシウムしかありません。それぞれの年齢の需要によって、補充しなければなりません。」

ソース:VOV

他の記事