02/10/2014 13:01 GMT+7 Email Print Like 0

「東アジアにおける航行の安全保障」シンポ

9月30日、ベルギーのブリュッセルで、EIAS=欧州アジア研究所はベトナムの外交学院、及び日本の国際関係学院と連携して、「東アジアにおける航行安全保障」に関するシンポジウムを共催した。 席上、参加者らは東アジアにおける航行分野のグローバルな意義や、南シナ海と東シナ海における最近の状況などについて集中的に討議した。平和・安全保障研究・情報グループのBruno Hellendroff氏は「EU欧州連合は南シナ海における不安な状態に懸念しています。そこで、アジア太平洋地域と世界の平和、安全保障、及び繁栄の維持、国際法の遵守は極めて重要です。」と強調した。 ソース:VOV
他の記事