09/07/2016 16:33 GMT+7 Email Print Like 0

「未成年女子への投資を呼び掛ける」=世界人口デー

9日午前、ハノイで、保健省は国連人口基金ベトナム事務所と連携して、7月11日の「世界人口デー」を記念する集会を共催しました。

集会で挨拶に立ったグェン・ティ・キム・ティエン保健大臣は「ベトナムは人口構造の黄金期を過ごしている。これは、ベトナムが人口転換計画を立案し、経済社会発展を推進するための良いチャンスである」と強調しました。また、ティエン大臣は、 「未成年女子への投資」という今年の「世界人口デー」のテーマについて触れ、「ベトナムは女性の権利を認めており、教育や医療の分野において全国民に投資を行ってきた。このことは、ミレニアム開発目標で明確に示されている」と明らかにしました。
テイェン大臣は次のように語りました。
(テープ)
「女子たちが医療サービスや教育、仕事斡旋などを受けたり、安全に保護されたりすると、良好に成長し、明るい未来を築けるとともに経済社会発展に寄与することが出来ます。保健省は、各レベルの党委員会、部門、組織、団体、及び人民各層に対し未成年女子の保護に関する宣伝教育活動を促すよう要請します。」
なお、集会で、保健省と国連人口基金は、未成年女子に対するさらなる投資を呼び掛けました。
ソース:VOV
他の記事