29/03/2015 10:10 GMT+7 Email Print Like 0

「故郷の国境、海と島への愛」芸術公演

27日、南部キェンザン省フーコク島で、「故郷の国境、海と島への愛」をテーマとした第3回芸術公演が開かれた。この公演には故郷の国境、海、島などをたたえる南部メコンデルタの民謡が披露された。この席で、ブー・バン・ニン( Vu Van Ninh) 副首相は「人民軍と全国民に対し、国境地帯、海、島の領有権確保のため力を入れるよう呼びかけた。ニン副首相は「ベトナムが海の潜在力を生かして、国の経済を発展させると共に、国の領土・主権の確保のため、今後も引き続き決意を固める必要があります。私たちはチュンサ群島とホアンサ群島に対する領有権を主張する一方、1982年の国連海洋法条約を始め、国際法を基礎に、ベトナム東部海域、いわゆる、南シナ海に発生する紛争を平和的措置で解決することを主張します。」と述べた。

この芸術公演には国境地帯や離党に建設されるチャリティハウスのため、およそ1960億ドン、約11億円の義捐金が寄せられた。
ソース:VOV
他の記事