27/06/2014 10:11 GMT+7 Email Print Like 0

「国際麻薬乱用撲滅デー」に応じる活動

6月26日の「国際麻薬乱用撲滅デー」にあたり、26日、中部ハティン市で、麻薬撲滅に向けた宣伝活動を強化するための集会が行われ、ディエンビェン省、ホアビン省、フート省、中部タインホア省、ゲーアン省など11省の代表が参加しました。

集会は社会共同体における麻薬防止対策に関する国家の法律や路線と地方行政府の規定を宣伝するチャンスと見られました。これを通じて、麻薬の被害に対する住民の認識向上とその防止方法を手引きしました。

同日午前、ホーチミン市は「麻薬防止対策月間」、および、6月26日の「国際麻薬乱用撲滅デー」に応じるための集会を行い、1500人が参加しました。:VOV