22/02/2016 09:29 GMT+7 Email Print Like 0

「北・南中部の観光発展」シンポ

20日、中部ゲーアン省で「北と南中部の観光発展」に関するシンポジウムが行なわれました。

席上、経済中央委員会のブオン・ディン・フエ委員長は「中部は観光発展の潜在力があるが、最大限に活用されていない」と強調するとともに国際社会への参入が進められている現在、中部各省はそれぞれの地方の強みや観光部門の状況を見極めた上で、近隣諸国の観光発展に関する経験を学び、地域連携を強化するとともに地元の観光の潜在力を徹底的に活用する必要があるとの見解を示しました。
一方、出席者らは2016年から2020年期における北と南中部の観光発展連携計画を提出し、地域内の観光連携や交通インフラ整備、人材育成、国内各地との観光協力を促進するという諸措置を取り上げました。
ソース:VOV
他の記事