09/07/2016 16:33 GMT+7 Email Print Like 0

「ベトナムとの協力を優先課題」=タイ外相

8日午後、ハノイで、グエン・スアン・フック首相はベトナムを訪問中のタイのドーン・ポラマットウィナイ外相と会見しました。席上、フック首相は多くの分野でタイとの協力関係を強化、発展させたいという考えを示すとともに、双方に対し、第3回ベトナム・タイ共同閣議の共同声明や2014年~2018年期のベトナム・タイの戦略的パートナー関係の促進に関する行動計画を精力的に実施するよう要請しました。

経済協力に関して、フック首相は2020年までに商取引額を200億ドルに引き上げるため、双方は2015年~2020年期のベトナム・タイの貿易投資協力行動計画を効果的に実施するとともに両国の企業に対し、潜在力がある分野への投資の強化を激励する必要があるとの見解を強調しました。また、ベトナム政府は常にタイの投資家と企業経営者に有利な条件を作り出しており、石油ガス、電力、工業団地の建設、紡績縫製、食品、観光分野への投資を奨励しているとしています。さらに国防・安全保障協力について双方はベトナム公安省とタイ国家警察庁との協力合意書の実施を継続し、犯罪人引渡し協定を早期に締結するとともに海上問題を適宜に解決するため、両国の海軍間のホットラインの利用を強化することで合意しました。
一方、タイのドーン外相はあらゆる分野でベトナムとの協力関係を発展させたい。ベトナムとの協力を第一の優先課題の一つと見做していると強調しました。また、ベトナム東部海域(南シナ海)問題に関し、関係各国は紛争を平和的に解決し、同海域を平和、安定、発展の海域にするため、協力を強化する必要があるとの見解を表明しました。
ソース:VOV
他の記事